@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

SA【えすえー】

デジタル大辞泉

エス‐エー【SA】[store automation]
store automation》小売店舗の自動化POSシステム導入などにより、店舗内の設備機器を連動させ、店舗運営の自動化・省力化を図ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[société anonyme]
《〈フランス〉société anonyme》フランス語で、株式会社。例えば、フランスの自動車会社ルノーはRenault S.A.と書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[systems analysis]
systems analysisシステム分析経営工学用語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[shop automation]
shop automation》会社や工場などの作業・製造現場のオートメーション

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[South America]
South America南米

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[Systems Architect Examination]
Systems Architect Examination》⇒システムアーキテクト試験

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[South Africa]
South Africa南アフリカ共和国

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[Salvation Army]
Salvation Army》⇒救世軍

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐エー【SA】[service area]
service area》⇒サービスエリア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

SA

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えすあー【SA】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

SA
store automation
ストアオートメーション。店舗経営のコンピューター利用などによる省力化・自動化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SA
systems analysis

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

SA
エスアー
Sturmabteilung
ナチス突撃隊ナチス大衆集会用心棒の集りが 1921年に組織化されたもの。同突撃隊は,反ナチス党に対する実力行使とナチスの思想宣伝の推進者であった。 31年元国防軍人 E.レーム指揮をとるようになって組織も軍隊と同様に巨大化し,また暴力集団化して国防軍と鋭く対立したため,34年 A.ヒトラーはレームはじめ組織の中核数百人を反逆のかどで処刑した。こうして力を失った組織は勢力SS (ヒトラー親衛隊) に譲った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

SA
えすあー
ナチ党(ナチス)の突撃隊Sturmabteilungの略称。1921年創設の党の大衆的準軍事組織で、その任務は、党集会の警備にとどまらず、テロ活動にあった。30年以後レーム指導下に新たな発展をみせる(隊員数30年7万7000人、33年70万人)が、「ナチス第二革命」の遂行、国防軍の吸収再編を強く要求したためヒトラーは34年6月末レームら突撃隊幹部を殺害させた(レーム事件)。以後、突撃隊は政治的意味を失い、親衛隊SSにとってかわられる。[吉田輝夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

SAの関連情報

関連キーワード

ホースセラピーGSIA連合主義IPsecヨーロッパ安全保障協力機構OakleyTLSIPセック安全保障理事会RASIS

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation