@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

SDR【エスディーアール】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

SDR
エスディーアール
Special Drawing Rights; SDR
国際通貨基金 IMFからの特別引出権国際流動性不足を補填することを目的として 1970年1月に正式発効した。IMFへの出資額に応じて加盟国に割り当てられ,対価として他国から外貨または自国通貨を取得できる。当初 1SDRは 1米ドル,純金 0.888671gと等価値とされていたが,1974年7月以降,16ヵ国の通貨為替レート加重平均した標準バスケット方式で決定されるようになった。その後,1978年に一部通貨の入れ替えとウエイト比率)修正を行なったのち,1981年1月からは,アメリカ合衆国のドル,日本の,ドイツ連邦共和国(西ドイツ)のマルク,イギリスのポンドフランスのフラン(フランスフラン)の,5ヵ国の通貨による標準バスケット方式となった。各通貨のウエイトは 5年ごとに見直しが行なわれる。1999年1月,ヨーロッパ連合 EUの単一通貨ユーロの誕生により,フランとマルクに代わりユーロが構成通貨となった。また,2015年11月の見直しで中国の人民元が構成通貨に加わることが決定,2016年10月に正式に導入された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

SDR
IMFによって創出配分された準備資産外貨準備不足を来した国は、IMFの指定する国にSDRを引き渡すことによって被指定国から交換可能通貨を引き出すことができる。国際流動性の不足に対応するため、金、ドルなどの準備資産を補完する目的で1969年のIMF協定改正により創出された。SDRは出資額に応じて加盟国に配分され、その価値は当初、金を基準としていたが、74年からは主要16カ国の通貨の加重平均によるバスケット方式に改められ、また81年からは、米ドル、旧西独マルク、円、仏フラン、英ポンドの5大通貨を内容とするバスケット方式に変更された(99年1月のユーロ誕生以降、独マルクと仏フランはユーロに収束)。SDRの構成通貨及び構成割合は5年ごとに見直されるが、2006年1月の見直し後のバスケットは「0.632ドル+0.410ユーロ+18.4円+0.0903ポンド」となっている。また、金利はバスケット構成通貨国の市場金利の加重平均によって決められている。
(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

SDR
SpecialDrawingRights(特別引き出し権)の国際通貨基金(IMF)への出資額に応じて、加盟各国に割り当てられる準備資産。急激な資本流出などで資金が足らなくなった加盟国は、SDRと交換することで他の加盟国から広く世界で流通しているドルやユーロ、円といった通貨を融通してもらえる。IMFが1969年に金やドルを補う準備資産としてつくり出した。
(2011-03-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

エス‐ディー‐アール【SDR】[special drawing rights]
special drawing rightsIMF(国際通貨基金)加盟国がもつ、加盟国相互間で資金を融通できる制度。国際収支悪化などに際し、自国に配分されているSDRを他の加盟国に引き渡すことにより、必要とする外貨を入手することができる。1969年に創設され、1970年から配分が始められた。特別引出(ひきだし)権。
[補説]SDRの価値は国際的に自由に取引できる複数の通貨の加重平均によって決定される。SDRの通貨バスケットは米ドル・ユーロ・円・英ポンドによって構成され、2016年10月から中国の人民元が加えられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐ディー‐アール【SDR】[software defined radio]
software defined radio》⇒ソフトウエア無線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エス‐ディー‐アール【SDR】[standard dynamic range]
standard dynamic range》テレビ放送・映像機器・動画配信サービスなどで採用される2K相当の標準画質の規格の総称。→エッチ‐ディー‐アール(HDR)2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エスディーアール【SDR】
特別引出権special drawing rights略称IMF(国際通貨基金)加盟国は,必要な為替資金をIMFからの借入れによって手当てすることができるが,1970年以降IMFを経由して他の加盟国からも必要資金を調達できるようになった。その場合,加盟国はIMFによって創出され配分されたSDRを用いて,必要な通貨を引き出すことができるのである。つまり,加盟国はIMFに対し引出権(IMF引出権)をもつと同時に,外貨準備の豊富な特定の加盟国に対しSDRをもつことになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

SDR
special drawing rights
IMF の特別引出権。IMF 加盟国の出資割当額に応じて配分され、国際収支の悪化や国際流動性(対外支払い準備)の不足の際に、外貨を豊富に保有する他の加盟国から外貨を引き出す権利。1969 年策定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

SDR
えすでぃーあーる
国際通貨基金(IMF)の特別引出権special drawing rightsの略称。国際通貨基金(IMF)加盟国が外貨不足に陥った際、アメリカドルなどの国際通貨を引き出せる権利のことで、国際準備資産と位置づけられる。IMF加盟国にはIMFへの出資比率に応じて特別引出権が割り当てられ、金融・経済危機で外貨が不足した場合、特別引出権を他の加盟国に売って、アメリカドル、ユーロ、日本円などにかえてもらうことが可能である。このため特別引出権は準備通貨ともよばれ、通貨単位にはSDRが用いられる。現在、特別引出権の価値はアメリカドル、イギリスポンド、日本円、ユーロ、人民元の主要5通貨の貿易量に応じた加重平均(標準バスケット方式)で決められる。またバスケットのなかの各通貨の額は5年ごとに見直される。このためSDRは実在する通貨ではなく、合成通貨や仮想通貨の一種でもある。特別引出権は2016年3月時点で2041億SDRが発行・配分され、その価値は2018年2月末時点で1SDR=1.44589ドルである。特別引出権は政府のみが保有し、企業や個人は入手できない。
 第二次世界大戦後、世界貿易の拡大に伴って、ドルや金にかわる加盟国の準備資産を補完する目的で、1969年にIMFが特別引出権を創設した。金融・経済危機で外貨が不足した国を支援し、危機の他国への連鎖を防ぐ役割を担っている。当初、SDRの価値は金によって表示(1SDR=純金0.888671グラム)されたが、変動為替(かわせ)相場制への移行で金表示をやめ、貿易比重の大きい主要16か国の通貨価値のバスケットで決めることになった。さらに簡便化するため1981年にアメリカ、イギリス、西ドイツ、日本、フランスの通貨バスケットに改正された。1986年からは5年ごとに構成通貨を見直しており、2001年にユーロが、2016年には中国人民元が構成通貨に採用された。構成通貨になるには、(1)貿易量が多い、(2)自由に取引できる、の2条件を満たす必要がある。構成通貨に採用されれば、世界で広く使用されている国際通貨として信認されたことになる。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SDR」の用語解説はコトバンクが提供しています。

SDRの関連情報

関連キーワード

IMF債国際通貨基金IMFIMF融資制度外国為替相場制度国際通貨問題全日本金属産業労働組合協議会ヨーロッパ連合IMF暫定委員会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation