@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

SIMカード【しむかーど】

パソコンで困ったときに開く本

SIMカード
携帯電話の端末(電話機)に差し込んで使う、通信事業者や電話番号などの情報が記録された小さなカードです。携帯電話の買い換え時などは、このカードを入れ替えるだけで新しい電話機が自分の電話番号で使えるようになります。原理上は、通信事業者AのSIMカードを通信事業者Bの携帯電話機に入れると、Aの回線が使えるようにもなります。ただし、日本国内だと、別の事業者のSIMカードを認識しないよう電話機に細工がしてある(SIMロック)、通信に使う電波が違うなどの理由で、異なる事業者の電話機では使えないことも多いです。海外製のスマートフォンを中心に、通信事業者を問わない端末も増えており、通信費用の安いMVNOのSIMカードとの組み合わせで「格安スマートフォン」も実現されるようになってきました。
⇨MVNO、SIMフリーPINコード

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

朝日新聞掲載「キーワード」

SIMカード
携帯電話に使われる、電話番号や電話帳などの情報が記録された小型の集積回路暗号鍵データも埋め込まれている。米調査会社ABIリサーチの推定では、2014年は世界で52億枚が出荷されている。
(2015-02-27 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

シム‐カード【SIMカード】
《SIMはsubscriber identity moduleの携帯電話タブレット型端末などに差し込んで使用する、契約者情報を記録したICカード

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典

SIMカード
W-CDMAなどの第三世代携帯電話や、一部の第二世代携帯電話で使われている、固有のID番号や携帯電話番号などが記録されたICカード。SIMカードを入れ替えることで、電話番号を他の携帯電話機に引き継いだり、ひとつの端末で複数の番号を使ったりできるようになる。但し日本の場合、現状携帯電話キャリア各社が、他社のSIMカードを自社仕様の携帯電話に挿しても使用できなくする「SIMロック」を掛けているため、一部の機種を除き、SIMカードの利便性は活かせていない。総務省では従来、キャリア各社の慎重姿勢を受けて先送り姿勢を取っていたが、ユーザーのSIMロック解除を求める声の高まりを受け2010年4月、キャリア各社などを集め公開ヒアリングを実施。内藤正光総務副大臣がSIMロックの解除について各社に質問、各キャリアからおおむね前向きな回答を得た。

出典:「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

シムカード【SIMカード】
携帯電話のキャリアが発行する小型のICカード。契約者情報が記録されており、利用者の識別に使われる。カードは抜き差しが可能で、差し替えることによって複数の携帯電話を同じ契約者扱いで利用することができる。◇略して「SIM(シム)」ともいう。「SIM」は「subscriber identity module」の頭文字。「subscriber」は「加入者」「契約者」の意。⇒UIMカード

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SIMカード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

SIMカードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation