@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

SMTP【エス エム ティー ピー】

デジタル大辞泉

エス‐エム‐ティー‐ピー【SMTP】[simple mail transfer protocol]
simple mail transfer protocol》インターネットで電子メールを転送するためのプロトコルの一。ユーザーがメールをサーバーへ送信したり、サーバー同士がメールをやり取りしたりする際に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典

シンプル・メール・トランスファー・プロトコル【SMTP Simple Mail Transfer Protocol】
TCP/IP起動、及びインターネットを通じたEメールの送受信についてのメッセージ・スタンダード。SMTPは、メールのフォーマットやプロトコルの選択を行い、これによってあらゆる種類のシステム(PC、MacUNIXなど)のユーザが互いにメールを送り合うことが可能になる。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

エスエムティーピー【SMTP】
電子メールの送信に使用するプロトコル。送信元の電子メール用ソフトウェアからメールサーバーを経て、相手先のメールサーバーへ電子メールを転送する際に使われる。受信時のプロトコルPOP3とともに多くの電子メール用ソフトウェアが採用している。◇「simple mail transfer protocol」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えすえむてぃぴー【SMTP】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

SMTP
simple mail transfer protocol
コンピューターどうしの電子メール転送に使用されるプロトコルの一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

SMTP
えすえむてぃーぴー
インターネットに接続されたサーバー上で、電子メールを転送するために使用されるプロトコル(通信規約)。Simple Mail Transfer Protocolの略で、簡易メール転送プロトコルと訳される。基本となる部分については1982年にIETFにより標準化された規格で、現在まで使用されている。電子メールの配信を担当するサーバーは、このプロトコルを利用してTCP/IPによる接続でメールの送信と転送を行う。このため、電子メールの送信のためのサーバーをSMTPサーバーとよぶ。電子メールを使用する場合、ユーザーはメールソフトに、SMTPプロトコルを使用するためのサーバー設定を行う必要がある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SMTP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

SMTPの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation