@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

SSID【エスエスアイディー】

デジタル大辞泉

エス‐エス‐アイ‐ディー【SSID】[service set identifier]
service set identifierIEEE 802.11シリーズの無線LANアクセスポイントの識別に用いられる文字列。最大32文字までの任意の英数字を設定でき、各端末とアクセスポイントのSSIDが一致する場合のみ通信可能となる。サービスセット識別子。→イー‐エス‐エス‐アイ‐ディーESSID) →ビー‐エス‐エス‐アイ‐ディー(BSSID)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本

SSID
無線LANでアクセスポイントに設定される名前で、アクセスポイントを区別するために使用します。現在はESS-IDが広く使用されており、ESS-IDの意味でSSIDの語が使われることが多いです。
⇨ESS-ID

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

日本大百科全書(ニッポニカ)

SSID
えすえすあいでぃー

IEEE(アイトリプルイー)802.11シリーズの無線LAN(ラン)のアクセスポイントを識別するための符号(識別子)。Service Set Identifier(サービスセット識別子)の略である。無線LAN(Wi-Fi(ワイファイ))によって、パソコンやスマートフォンなどの端末をアクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiポケットルーターなど)を介してネットワーク接続する際に用いる。識別子には、32文字以内の任意の英数字を割り当てる。

 有線LANとは異なり、無線LANの場合、端末は複数のアクセスポイントに接続可能となる。そのためSSIDを設定することにより、各端末は混信を避けてSSIDの一致したアクセスポイントとのみ通信が可能となる。また、一つのSSIDで複数の端末がアクセスポイントに接続することができるもの(ESSID)もあるが、この場合、SSIDはアクセスポイントに接続するための「鍵」であり、その「鍵」が利用者分複製されているともいえる。その際の管理は各端末の持ち主に委ねられるため、厳密な管理が必要なネットワーク上では、セキュリティ面の問題が生じる可能性がある。

 不特定多数が使う公衆無線LANサービスなどでは、端末から識別子を入力しなくともアクセスポイントに接続できるように「Any」というSSIDを設定したり、またSSIDを空欄にしておくこともある。しかし、不正接続を防止するために「Any」設定の端末からの接続を拒否する機能をもつものもある。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SSID」の用語解説はコトバンクが提供しています。

SSIDの関連情報

関連キーワード

SaaS海洋大気局クラウドコンピューティングSaaSテニスの用語AFNSMSPaaSシロセット加工関数

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation