@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

UNCTAD【アンクタッド】

デジタル大辞泉

アンクタッド【UNCTAD】[United Nations Conference on Trade and Development]
United Nations Conference on Trade and Development》国連貿易開発会議。国際連合の常設会議として1964年設置。先進国開発途上国との経済格差の是正、開発途上国の経済開発の促進などについて討議し、勧告する。事務局はジュネーブ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンクタッド【UNCTAD】
国連貿易開発会議United Nations Conference on Trade and Developmentの略称。1964年に設立された国連総会直属の常設国際機関で,発展途上国の経済開発を促進することにより南北問題を解決することを目的とする。本部ジュネーブ。加盟国数188ヵ国(1996年末現在)。 成立の歴史的背景としては,一方で第2次大戦後政治的独立を達成した諸国が経済開発に行きづまり,南北格差の一層の拡大をまのあたりにして,その原因を先進国側に有利なIMF‐GATT(ガツト)体制中心とする既存の世界経済システムに求めたという事情があり,他方で1950年代末から60年代にかけて南北問題への意識が世界的な高まりをみせたという事実がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵

UNCTAD
国連貿易開発会議」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

日本大百科全書(ニッポニカ)

UNCTAD
あんくたっど

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

UNCTAD
アンクタッド

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

UNCTAD」の用語解説はコトバンクが提供しています。

UNCTADの関連情報

関連キーワード

米統合軍国連アジア極東犯罪防止研修所国連開発計画UNDP国連朝鮮委員会砂漠化国際連合国連グローバルコンパクトHABITATUNFPA

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation