@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

WAN【ワン】

パソコンで困ったときに開く本

WAN
「ワイドエリア・ネットワーク」の称で、地域間の接続や遠隔地間を結ぶネットワークを指します。ブロードバンド・ルーター端子に「WAN」とある場合は、家庭内LAN側でなく、ADSLモデムやメディアコンバータといった「インターネット回線」側に接続する端子であることを示します。
⇨ADSL、LAN、ブロードバンド・ルーター、 メディアコンバータ

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ワン【WAN】[wide area network]
wide area network》コンピューターで、複数のLAN(ラン)を接続した広域ネットワーク。電話回線や専用回線を利用して、一つのLANから必要に応じて他のLANに接続できるもの。広域通信網。
[補説]ネットワークを通信距離で分類すると、距離が近いものから、PANLANMAN、WANとなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ワン【WAN】
遠隔地のLAN(ラン)を連携させたコンピューターネットワーク。LANやMAN(マン)に比べ、より広範囲に及ぶネットワークを意味することもある。LAN同士の接続には一般の電話回線や専用線、インターネットなどを利用する。◇「wide area network」の頭文字から。「ワイドエリアネットワーク」「広域通信網」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わん【WAN】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

WAN
wide area network
公衆回線や光ケーブルなどで広い範囲にわたってコンピューターを接続するネットワーク。広域ネットワーク。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WAN
World Association of Newspapers
世界新聞協会。1948 年、国際新聞発行者協会(Fédération internationale des éditeurs de journaux et publications)として設立。1997 年、現名に改称。本部はパリ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

WAN
ワン
広域ネットワーク wide area networkの略。LAN;local area networkが一つの施設などかぎられた範囲内で使われるネットワークなのに対し,一つの地方をこえ国際レベルで広がるネットワークをさす。もともと銀行のオンラインシステムなどから発展したネットワークで,公衆回線網を利用して通信を行なう。企業の海外進出が活発化する近年では,海外の支店や工場と国内の本社とを結んだデータ通信ネットワークがいっそうの広がりをみせている。 LANを WANにつなぐには,公衆回線網をもつプロバイダーと契約する必要がある。地球規模の通信網を GAN; global area networkともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WAN
ダブリュエーエヌ
世界新聞協会」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

WAN
わん

離れた施設や地域に分散しているネットワークを連携することで構築される通信網。広域ネットワークWide Area Networkの略称である。たとえば、オフィス内などの狭い範囲内で構築するネットワークであるLAN(ラン)に対して、本社や支店などの複数拠点をまとめている通信網がWANである。

 当初は、本社などに設置した大型コンピュータと地方拠点の専用端末を結ぶネットワークとして普及した。その後、広い範囲にある複数の拠点間を結ぶ企業内ネットワークとして利用が進んだ。拠点間は、専用線や電話網などの通信サービスのほか、インターネットによるIP-VPNや広域イーサネットなども利用されるようになってきた。

 このほかに、インターネットと同義で使われることもある。個人や小規模オフィス向けのルーターでは、屋内の機器を接続したネットワークをLAN側、インターネット接続をWAN側とよんで区別する。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

WAN
LAN」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

WAN」の用語解説はコトバンクが提供しています。

WANの関連情報

関連キーワード

無線LANブリッジLAN公衆無線LANDMZLAN Manager電力線通信VLAN無線LANアダプターLAN

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation