@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

X線写真【エックスセンシャシン】

デジタル大辞泉

エックスせん‐しゃしん【X線写真】
X線光源として用いた写真。直接目で見えない物体内部の透過像を得ることができる。疾病の発見、美術品の鑑定結晶構造の研究などに利用。レントゲン写真

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エックスせんしゃしん【X線写真 radiography】
写真フィルムがX線に感ずることを利用して写真像をつくる方法。X線写真は1895年X線が発見された直後から医学的診断の目的を主として研究が進められ,1913年に最初の医療用X線フィルムがコダック社から発売された。また,1912年ドイツのM.T.F.vonラウエによってX線回折写真の方法が考案され,X線写真が結晶構造解析に利用されるようになった。30年代にはX線写真による工業材料の非破壊検査(X線探傷)が実用された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

エックスせん‐しゃしん【X線写真】
〘名〙 物体にX線を照射して、撮影した写真。疾病の診断、美術品の鑑定、生物学や金相学などでは、細胞や結晶の研究に利用される。→レントゲン写真

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

X線写真
エックスせんしゃしん
X線撮影法」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

X線写真」の用語解説はコトバンクが提供しています。

X線写真の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation