@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

XGP【えっくすじーぴー】

知恵蔵

XGP
ウィルコムが開発を進めている、次世代PHS規格。eXtended Global Platformの略。PHSと同様、他の携帯電話システムよりも弱い電波を使った「マイクロセル構造」を採用、通信の混雑(輻輳:ふくそう)に強いと言われている。
名称とマイクロセル構造、時分割でデータを効率的に伝送する「TDD方式」こそ引き継ぐものの、通信方式も、通信に利用する電波帯もPHSとは大きく異なり、互換性はない。Mobile WiMAX同様、2.5GHz帯の電波を利用する。要素技術的にもMobile WiMAXに近いものを利用しているが、通信方式は大きく異なるため、Mobile WiMAXと同じものではない。2009年4月に、東京23区内よりサービスを開始する予定。
ただし、現時点では、ウィルコム以外にXGPの採用を明言している企業はなく、独自規格である。そのため、設備投資や端末開発の効率について、特に他事業者からは疑問の声も上がっている。そういった疑問に答える目的もあり、同社は09年2月、中国の総合通信機器メーカーである中興通訊(ZTE)と提携、共同開発を行うと発表した。
(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2009年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

エックス‐ジー‐ピー【XGP】[extended global platform]
extended global platform》高速無線通信ネットワークの規格の一。次世代PHSの標準規格として策定され、ITU(国際電気通信連合)の無線通信部門で承認を受けた。最大伝送速度約100Mbps、時速300キロメートルで移動中でも利用可能とされる。日本では平成21年(2009)4月から平成24年(2012)1月までサービスが提供された。→AXGP

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

XGP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

XGPの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation