@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

YS-11(わいえすいちいち)【わいえすいちいち】

日本大百科全書(ニッポニカ)

YS-11(わいえすいちいち)
わいえすいちいち

日本航空機製造会社(NAMC)が生産した短距離用双発ターボプロップ旅客機。YSとは輸送機設計研究協会の略称、11はエンジンと主翼面積のそれぞれ採用された案の番号の組合せである。一般には「ワイエスじゅういち」とよばれる。日本で初めて本格的に開発された旅客機で、第二次世界大戦後はT-1ジェット練習機に続く2番目の量産型国産機である。第二次世界大戦後、7年間の空白期間を置いて再開された日本の航空工業が、アメリカ機のライセンス生産で得た技術と設備を利用して民間輸送機を生産しようとする意向が1953年(昭和28)ごろから強くなった。1957年には政府の補助金を得て、DC-3の代替機を目標にした中型旅客機のオペレーションリサーチ(OR)が行われた。その結果、1200メートル級の滑走路が使えるSTOL(エストール)性能をもつこと、乗客数60人程度、主翼面積95平方メートル、エンジンはロールスロイス・ダートの双発機、といった基本構想が得られた。

 1958年、民間・政府共同出資の日本航空機製造会社が設立され、計画を引き継いで本格的開発作業に入った。その結果、自重の超過を防ぐため胴体直径を約0.5メートル細い2.9メートルとし、客席配置も5列から4列に減らしてごく平凡な機体となったが、この基本仕様によって1962年2月から試作機の製作に入り7月に完成、8月30日初飛行を終えた。その後、型式(かたしき)証明取得のためのテストが行われたが、初めての国産旅客機のため種々の問題があって、予定より1年遅れた1964年8月に型式証明を取得した。この間、航空会社からの予備注文を受け、1963年から量産に入った。初就航は1965年4月であるが、その前に、1964年の東京オリンピックのため沖縄から本土への聖火輸送をしている。

 YS-11開発の目的の一つであった輸出にも力を注ぎ、アメリカ、フィリピン、南米などに合計75機が輸出された。ほかに、日本の民間航空会社で定期路線等に就航した後、外国の航空会社等に売却されたものが50機以上ある。国内では民間航空会社のほか、防衛庁(現在の防衛省)、海上保安庁、国土交通省などの官庁で使用された。機体のわりに乗客数が多く、客席もゆったりし、操縦性、安定性もよいなど、外国製のターボプロップ機よりも優れた点も少なくないが、経済性に優れたターボファン装備のジェット旅客機の進出や政府の熱意の減退から、1973年、結局182機で生産が打ち切られた。

 国土交通省航空局は、2001年(平成13)1月から航空旅客輸送に提供されている航空機に対して、航空機衝突防止装置の装備を義務づけた。国内の航空会社の航空機はYS-11以外の旅客輸送機にはすべて装備されているため、対象はYS-11だけということであった。2003年9月時点でYS-11は日本エアコミューターが11機保有して旅客輸送に従事していたが、YS-11の経過措置期限は2006年12月31日であり、2007年1月1日以降はそのままの状態では運行できない。そのため、日本エアコミューターは、2006年9月30日をもってYS-11による定期旅客輸送を打ち切った。これにより国内航空会社の旅客輸送用のYS-11はすべて姿を消した。

[落合一夫]

『横倉潤著『翔べ!YS-11――世界を飛んだ日本の翼』(2004・小学館)』『エアライナークラブ編『YS-11物語――日本が生んだ旅客機182機の歩みと現在』(2006・JTBパブリッシング)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

YS-11(わいえすいちいち)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

YS-11(わいえすいちいち)の関連情報

関連キーワード

日本航空機製造

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation