@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

sRGB【えすあーるじーびー】

パソコンで困ったときに開く本

sRGB
色をR(赤)、G(緑)、B(青)の3色の光を組み合わせて表現する「RGB」方式で、機種の違いに関わらず同じ色を表現するための国際標準規格の名称です。sRGBの「s」は「標準(standard)」の略です。ソフト、ディスプレイ、プリンタ、デジタルカメラなどがsRGB対応であれば、撮影した写真を画面で見た色で印刷できます。非対応の場合、画像のデータが同じでも、機器の特性によって画面の表示と印刷で色合いが異なるなど、違いが出てしまいます。
⇨CMYK、RGB

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

エス‐アール‐ジー‐ビー【sRGB】[standard RGB]
standard RGB》色空間の標準規格の一。1998年、IEC(国際電気標準会議)がコンピューターなどのディスプレーによる色の再現性を重視して策定。→アール‐ジー‐ビー(RGB)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

sRGB
 IEC(国際電気標準会議)が策定した色空間の国際標準規格。CRTディスプレイの色表現をベースに策定された規格。デジタルカメラやプリンタ、モニタなど多くのPC用周辺機器では、このsRGBに則った色調整を行うことで、入力と出力時の色の差異を極力少なくしている。sRGBの色空間は Apple RGBAdobe RGB に比べて狭い。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

sRGB
エスアールジービー
standard RGB
1998年に国際電気標準会議 IECが策定した色空間の国際基準。デジタルカメラやパーソナルコンピュータディスプレイ,プリンタなどの機器による色の違いをなくし,一貫した色管理が行なえるようにしている。ブラウン管CRTディスプレイが再現できる色の範囲をベースに決められた。今日でもデジタルカメラやインターネットでよく使われている。ただし再現できる色の幅は狭く,エメラルドグリーンや明るい赤などは再現できない。そのため商用印刷では,アドビシステムズが 1998年に策定した sRGBより広い色空間をもつ Adobe RGBを使うことが多い。また一般向けにも,Adobe RGBに対応したパソコンディスプレイやプリンタが登場し,デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使用するハイアマチュア写真家にも Adobe RGBが浸透してきている。多くのデジタル一眼レフやミラーレス一眼は,sRGBと Adobe RGBが選択できる。また RAWで撮影してあれば,現像(RAW現像)の際に選択することも可能。(→RGB

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

sRGB」の用語解説はコトバンクが提供しています。

sRGBの関連情報

関連キーワード

HP PA RISCウィリアム・ヒューレットJetSendデビッド・パッカードHPSlateHPIBロッド・キャニオンHP-GL2HP-PCL

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation