@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

xDSL【えっくすでぃーえすえる】

パソコンで困ったときに開く本

xDSL
ADSLと、ADSLから派生した各種の技術の総称です。DSLは、「デジタル加入者線(Digital Subscri
ber Line)」の略称で、従来の電話回線を使って高速なデジタル通信を可能にする技術という意味です。「x」は、そこに技術ごとにいろいろな文字が入ることを示したものです。
⇨VDSL、デジタル回線、デジタル加入者線

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

エックス‐ディー‐エス‐エル【xDSL】[x digital subscriber line]
x digital subscriber line》既存の電話回線(銅線)を使って、高速デジタル通信を行う技術の総称。DSL。デジタル加入者線。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

エックスディーエスエル【xDSL】
「DSL」の別称。◇「x digital subscriber line(デジタル加入者線)」の頭文字から。⇒DSL

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

xDSL
x digital subscriber line x は総称を表す
電話の加入者線を利用した高速データ伝送技術の総称。ADSL や VDSL など。単に DSL ともよばれる。 → ADSLVDSL

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

xDSL
えっくすでぃーえすえる
x digital subscriber line
電話用に引かれた一般の加入回線(銅線)を使って数百から数メガビット/秒の高速通信を可能にするデジタル通信技術。xDSLのxはいくつかの類似技術の総称という意味。通信速度や伝送距離の違いによって、ADSL、VDSL、HDSL、SDSLなどがある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

xDSL」の用語解説はコトバンクが提供しています。

xDSLの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation